[仮想通貨四天王] 順調な戻り。下降トレンドラインをいつブレークできるかに焦点が移る

チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

コメント

軒並み順調な回復を見せている。特に元気のなかったリップルとキャッシュに力強さが出てきたのは好材料。陽線続きなのでいったんは上昇が止まる頃合い。急ぐ必要はないので、日足ベースの下降TLを確実にブレークしてほしい。

米公聴会におけるCFTCジャンカルロ委員長のポジティブな発言でセンチメントは一気に改善。

BTC 4時間足(2018.2.10午前)

順調。よくも悪くもここは全体をはかる指標。ゆっくり時間をかけて下降TLをブレークしてほしい。先物も導入されたし、急騰・急落のリピートからそろそろ抜け出す時期。

※チャートクリックで拡大表示

XRP 4時間足(2018.2.10午前)

出遅れていたが、昨日あたりから上昇力が出てきた。急落前に揉み合っていた1.1~1.2の価格帯で難航しそう。

※チャートクリックで拡大表示

ETH 4時間足(2018.2.10午前)

1日以上の時間をかけたヨコヨコ調整で重要な810付近をブレーク。950より上が難所。

※チャートクリックで拡大表示

BCH 4時間足(2018.2.10午前)

昨日独歩高を演じ(出来高も大口の買いと見られる大きなもの)、1200ドル付近の揉み合いゾーンをクリア。次の目標は下降TLのブレーク。

※チャートクリックで拡大表示

※略語と簡単なテクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.2.9「マクラレン・オシレーター」を追加しました)
テクニカル講座02(2018.2.1加筆しました)