[仮想通貨トップ6] 日足分析、上昇開始も膠着気味

チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント(2018.6.4午前)

上昇再開なのだが、力強さを感じさせない膠着気味の動きになっている。まだ地固めのうちか。最強なのはEOS、次点BCH、XRP。

BTC 日足

ミッドBB付近で膠着か?4時間足ベースではちょうど100本線上で揉み合っている。BCHに比べ出遅れ目立つ。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

ETH 日足

ミッドBBと100DMAが重なる地点で足踏み。4時間足ベースでは100本線を超え、少し上で揉み合い。ここを向ければ50DMA→200DMAのテストへ。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

XRP 日足

回復すると足が速い。ミッドBBを捉え、100DMA、50DMAのテストへ。4時間足ベースの200本線は71セント付近。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

BCH 日足

ミッドBB、100DMAを超え、50DMAチャレンジへ。まだ上を向いているうちに捉えられるか?
4時間足ベースではすでに50、100本線を超え、1270付近の200本線トライに向かっている。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

EOS 日足

すでに50DMAを超え、4時間足ベースでも全銘柄中、唯一200本線より上で揉み合いの状態に。引き続き最も強い動きを維持。とりあえずの目標は16ドル。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

LTC 日足

ミッドBBテストも膠着気味。4時間足ベースでは100本線より少し上で揉み合い。勢いが弱い。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

※お知らせ※ 2018.6.1より、テクニカル講座の新エントリはこちらに追記します)

※本サイトやツイートで使用する略語と、テクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.4.24 知らず知らず使っているジャーゴンの意味と略語の一覧をページ冒頭に追加しました)