[仮想通貨トップ5] 切り返し始まるも単なる自律反発か?

チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント(2018.4.2午前)

全銘柄ほぼ同じ動き。3.30早朝に出来高を伴う下落ピークの後、弱い反発から安値を更新(もしくは再テスト)するも、売りの力は弱くRSIにPosFivが示現。現状はそこからの切り返しの場面。このまま素直に上昇してくいくようにも見えないが、大きく売り込まれる感じでもない。手を出しづらい感じが続いている。

BTC 4時間足

RSIと価格にPosDiv。新たなフォーリングウェッジ形成。ミッドBBを超え、ウェッジ上限をテスト中で。ブレークできるか?

※チャートクリックで拡大表示

ETH 4時間足

RSIと価格の間に明らかなPosDiv。切り返しのタイミング。新たに形成されたフォーリングウェッジをブレークできるか?

※チャートクリックで拡大表示

XRP 4時間足

こちらもRISと価格の間にPosDiv。ただ反発弱く、ミッドBBを超えられるか、という段階にとどまる。

※チャートクリックで拡大表示

BCH 4時間足

こちらもRISと価格の間にPosDivだが、反発は弱い。

※チャートクリックで拡大表示

LTC 4時間足

こちらは安値を更新せずに二点底形成だが、RSIのPosDiv明白。ミッドBBテスト中。

※チャートクリックで拡大表示

※略語と簡単なテクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.3.31 ダイバージェンスやチャンネルなどテクニカル講座の拡充を行いました)

スポンサーリンク