[仮想通貨トップ5] 買い手不足。長期下落トレンド確定か

チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント(2018.3.8午前)

買い手不足がたたり、明白な下落トレンド復帰。200DMAまでの調整は避けられないかもしれない。銘柄間の強弱を計ると、LTC>BTC>ETH=XRP>BCHという感じか。唯一50DMA付近で粘るLTCが希望の光。

BTC日足

続落で逆三尊の芽は消滅し、下降チャンネルを形成。分水嶺となる10315を割ってしまったのは痛い。サポートは200DMA。

※チャートクリックで拡大表示

ETH日足

元気なく、分水嶺となる810を割り込む。下落トレンド確定。サポートは200DMA。

※チャートクリックで拡大表示

XRP日足

フォーリングウェッジ形成か?サポートは200DMAだが、ここが割れればウェッジ下限が視野に入ってくる。そこまで行かないとは思うが、仮にそうなれば急騰時の上昇をすべて吐き出す水準まで調整することになる。

※チャートクリックで拡大表示

BCH日足

200DMAを割り込み、最も深刻な動き。中期以上の下落トレンド確定か。最悪、フォーリングウェッジ下限を意識せざるをえないか。仮にそうなれば、XRP同様、急騰時の上昇をすべて吐き出す事態に。

※チャートクリックで拡大表示

LTC日足

50DMAテスト中。切り返せれば、次期主力銘柄確定の強さ。割れればサポートは200DMA。

※チャートクリックで拡大表示

※略語と簡単なテクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.2.9「マクラレン・オシレーター」を追加しました)
テクニカル講座02(2018.2.1加筆しました)

スポンサーリンク