[日米市場] 米株はS&P500の50DMA奪回が鍵、日経は昨日後場で底入れに見えるがSQにらみ予断は禁物

チャート分析, 日経・為替チャート, 米株チャート

スポンサーリンク

コメント(2018.3.6)

アメリカは最初の1時間売りに押されたが、勢いよく反発。買い意欲は強い。

6月限20750は20800でいったん決済された(ミニ20755で切り返しており清算は不要だったが、あくまで結果論。リスク管理を優先)。

しかし弱くないと見て20800で再イン。いまのところ順調も、SQ週につき念のため20900にストップ指値。思い通り大きく取れなくても損をしないトレードが大事。

SOX(米半導体指数)日足

50DMAで切り返し、最高値更新チャレンジかという強い展開。

※チャートクリックで拡大表示

S&P500日足

シナリオBとCの中間で切り返し(100DMAで反発)。50DMAを奪回できるかどうかが焦点。跳ね返されると調整は長引くかもしれない。

スポンサーリンク

※チャートクリックで拡大表示

日経先物日足

200DMAテスト中。昨日後場の下落で調整は終わった感もあるが、SQ週につき予断は禁物。

※チャートクリックで拡大表示

日経先物週足

50WMAできっちり反発、かたちは悪くない。

※チャートクリックで拡大表示

※略語と簡単なテクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.2.9「マクラレン・オシレーター」を追加しました)
テクニカル講座02(2018.2.1加筆しました)

スポンサーリンク