[日米市場] 昨晩のアメリカは久しぶりの買い一辺倒、日経の応答は?

チャート分析, 日経・為替チャート, 米株チャート

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント(2018.4.4)

昨晩のアメリカは、欧州時間の不調に反して「寄り底、高値引け」というしばらくなかった買われ方。今晩フォローがあれば、底入れ確認になり弾みがつきそう。日経は21500円台後半をクリアする動きになれば、買い方は勢いづく。

米VIX(恐怖指数)日足

上値を切り下げつつあり、相場が落ち着き始めていることを示唆。

※チャートクリックで拡大表示

米半導体指数 日足

前々日の陰線をほぼ否定する大きな陽線で、再度120DMAの上に浮上。今晩フォローがほしい。

※チャートクリックで拡大表示

米銀行株指数 日足

120DMAの攻防だが徐々に下値を切り上げ中。2本並んだ陰線の頭を超えたい。

※チャートクリックで拡大表示

S&P500指数 日足

半導体や銀行株より形勢は悪い(120DMAより下)が、重要なサポートゾーンは守っている。

※チャートクリックで拡大表示

XVG(バリューライン・ジオメトリック指数)日足

※チャートクリックで拡大表示

日経平均先物 日足

25DMA、50DMAを超えてきた。問題は21600レベル。3月SQ@21575の水準でもあり、ここを超えてくる動きになれば、勢いづくだろう。

※チャートクリックで拡大表示

※略語と簡単なテクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.3.31 ダイバージェンスやチャンネルなどテクニカル講座の拡充を行いました)

スポンサーリンク