[日米市場] 日経のアンダーパフォーマンス顕著、米株はそろそろ反発のタイミング

チャート分析, 日経・為替チャート, 米株チャート

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント(2018.3.2)

21000で仕込んだ分は21550ストップ指値で決済。やはりトレンドレスの状況ではこまめにとるのが最善。

アメリカ市場も押しが深くなっており不安感が出てくる頃だが、むしろ買い場。半導体市場はスーパーサイクル入りしており、長期の上昇相場。紆余曲折はあっても基本はロング。

SOX(米半導体指数)日足

総合指数とは異なり、ここは最高値更新後の調整。現在50DMAのテスト中だが、極めて健全な調整の動きで、ここに変調がきたさない限り、ベア相場入りはない。

※チャートクリックで拡大表示

S&P500日足

シナリオBで順調に推移していたが、窓埋めしてから、思ったより深めの調整に。50DMAをあっさり割り込み、100DMAのテストへ。ここが割れると、Wトップ形成の恐れ。今晩が正念場。

※チャートクリックで拡大表示

日経先物日足

200DMA再テスト。フォーリングウェッジ形成中。最悪20500近辺までの下落を覚悟。

※チャートクリックで拡大表示

※略語と簡単なテクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.2.9「マクラレン・オシレーター」を追加しました)
テクニカル講座02(2018.2.1加筆しました)

スポンサーリンク