[仮想通貨四天王] 戻り弱く、依然セリクラを警戒

2018年2月5日チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

コメント

BTCを除き直近の売りで安値更新はしていないが、やはりクライマックスには見えない。様子見。

BTC時間足(2018.2.5午前)

RSIにPosDiv形成中。4時間足も同様。ただ直近の売りがクライマックスだったとは思えず、買いはなし。

※チャートクリックで拡大表示

BTC日足(2018.2.5午前)

安値更新で7840まで。フォーリングウェッジ下限が壊れつつあるが売りの決定打なし。

※チャートクリックで拡大表示

XRP日足(2018.2.5午前)

安値更新せず粘っている。100DMAを明確に超えられず停滞。サポートは200DMA。

スポンサーリンク

※チャートクリックで拡大表示

ETH日足(2018.2.5午前)

安値更新せず、トリプルボトムのかたちになっている。以前からのサポート810水準を守っている。比較的堅調。

※チャートクリックで拡大表示

BCH日足(2018.2.5午前)

安値更新せず。ただしサポートだった1200が壁になりつつあり、かつBTCと同じくフォーリングウェッジ下限が壊れつつある。要注意。

※チャートクリックで拡大表示

当サイトのテクニカル講座

  • NEW! 相場で気づいたこと、テクニカルの急所など、随時更新しています。
  • 本サイトやツイートで使用する略語と、テクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
スポンサーリンク