[仮想通貨四天王] 中途半端な位置で切り返し、底入れには見えない

チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

コメント

アメリカ時間に入る直前、雇用統計の1時間ほど前に無理やりな感じで切り返し。

この数日で仮想通貨市場から4,000億ドル(44兆円)もの真水が失われた計算。真水は当然、大口の資金計画にも影響する。おそらくそのニーズに押された無理やりの上げか?

昨晩のアメリカ市場は珍しく雇用統計を無視した。まるで株の人がみんな仮想通貨市場を見ているように何の反応もしなかった(動いたのは為替と金銀だけ)。

そしてギャップダウンで始まると、これも珍しく週末の後場だというのに大きく売られた。仮想通貨暴落で発生したマージン(追証)を決済するための現金需要とも考えられる。

出来高ピーク

大きな底をつけるとき、セリクラが起こる。V字回復の底は珍しく、むしろ多いのは、

(1)一度底をつけて切り返し、

(2)再度底をテストしてそれ以上下がらないことを確認してから上昇に転じるパターンである。

昨晩の仮想通貨市場の出来高の盛り上がりを見ているとセリクラには見えない。では昨晩が二番底だったと見れるか?見れない。安値更新してしまったからだ(ETHのみ例外)。

本当のクライマックスはまだこれから、まだ買い時ではないと見る。

もしこの見立てが間違いなら、そう分かった時点で対処すればいいこと。過去の苦い経験から「底値当ての功名心は大けがのもと」を肝に銘じる。

BTC時間足(2018.2.3正午)

※チャートクリックで拡大表示

BTC日足(2018.2.3正午)

安値7972まで。フォーリングウェッジ下限を数時間割った状態から切り返し。

※チャートクリックで拡大表示

XRP日足(2018.2.3正午)

100DMAを割ったところで切り返し、現在100DMA前後で揉み合い中。判断微妙。

※チャートクリックで拡大表示

ETH日足(2018.2.3正午)

前回安値を割り込まず面合わせで切り返す強い展開。オーバーシュートはあったがサポートの810水準を守る。四天王中、最強のまま。

※チャートクリックで拡大表示

BCH日足(2018.2.3午前)

BTC同様、フォーリングウェッジ下限をわずかに割り込んで切り返す。長く揉み合った1200ドル付近をテスト中。

※チャートクリックで拡大表示

※略語と簡単なテクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.1.28加筆しました)
テクニカル講座02(2018.2.1加筆しました)