[日米市場] アメリカの不調を尻目に日経は堅調

チャート分析, 日経・為替チャート, 米株チャート

スポンサーリンク

コメント(2018.5.1)

昨晩の日経はアメリカ開始時に、休日取引OKのCFDベースで22700まであり、その後アメリカの寄り直後の売りに押され反落。幻の高値になっている。基調は上昇だが、トレーダーには儲かりにくい相場が続いている。連休控え、さらに動きは鈍りそう。

日経先物日足

基調は上昇で、徐々にレンジをせり上げている感じ。現在は22000-22500のボックス。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

米半導体指数日足

少し上がると売られる展開。200DMA再テスト。動きはよくないが、決定的なダメージもない困った相場。

スポンサーリンク

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

S&P500日足

ペナント型の三角持ち合いか。RSIも50付近をウロウロ、価格は50DMAと200DMAの間を往来。
しばらくこの状態が続くかも。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

※本サイトやツイートで使用する略語と、テクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.4.24 知らず知らず使っているジャーゴンの意味と略語の一覧をページ冒頭に追加しました)

スポンサーリンク