[仮想通貨トップ5] 膠着つづくもCMF指標は改善、再浮上の確率高まる

チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント(2018.3.14午前)

価格を伴った下落につながらず、売りの手は弱い。むしろ低位でのコンソリデーション(=買いの仕込み、値固め)に見える。

BTC日足

200DMA上で揉み合って5日目、そろそろ動くタイミングか。レジスタンスは50DMA。

※チャートクリックで拡大表示

ETH日足

ヨコヨコ推移がつづき、動き出しを待つしかない。200DMAのテストまで至らず相対的には強い。サポートは650付近と200DMA。レジスタンスは分水嶺の810。

※チャートクリックで拡大表示

XRP 4時間足

日足は見にくいので4時間足で。75~85セントの狭い範囲に停滞。ベアフラグ気味の小幅上昇中で買いが不利か。

※チャートクリックで拡大表示

BCH日足

一時200DMAを割り、918まで調整。その後ヨコヨコ推移で下げ渋り、反発。下降TLを突き抜け、200DMAを奪回。レジスタンスは1200→1305付近の50DMA。

※チャートクリックで拡大表示

LTC日足

昨日と変わらぬ状況。50DMAを挟んで膠着。こちらもCMFは改善中。

※チャートクリックで拡大表示

※略語と簡単なテクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.2.9「マクラレン・オシレーター」を追加しました)
テクニカル講座02(2018.2.1加筆しました)

スポンサーリンク