[仮想通貨トップ5] 昨晩で戻りは終了か?それとも再浮上への足場固めか?情勢微妙

チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント(2018.3.13午前)

戻りは昨日の夕刻で終わり、反落。とはいえ小幅の下落で何とも判断しづらい状況。様子見妥当か。本日はBTCのみ日足と4時間足のダブル。

BTC日足

8900台で失速、50DMA@9240をテストできず。すぐ下には200DMA@9004があり、狭い範囲の動きになりそう。

※チャートクリックで拡大表示

BTC 4時間足

200本線が壁。50本線が200本線とデッドクロス。現状では悲観的にならざるをえない展開。

※チャートクリックで拡大表示

ETH日足

何度か揉み合っている650付近で下げ渋り、200DMAをテストすることなく反発。サポートは200DMA@588。

※チャートクリックで拡大表示

XRP日足

下降TLと200DMAに挟まれた狭いレンジでヨコヨコ推移。どちらへブレークするかが問題。

※チャートクリックで拡大表示

BCH日足

一時200DMAを割り、918まで調整。その後ヨコヨコ推移で下げ渋り、反発。下降TLを突き抜け、200DMAを奪回。レジスタンスは1200→1305付近の50DMA。

※チャートクリックで拡大表示

LTC日足

50DMAを割挟んでヨコヨコ続く。何とも判断しづらい展開。

※チャートクリックで拡大表示

※略語と簡単なテクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.2.9「マクラレン・オシレーター」を追加しました)
テクニカル講座02(2018.2.1加筆しました)

スポンサーリンク