[仮想通貨トップ5] 資金流出急で買い要素なし

チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント(2018.3.9午前)

早朝(アメリカ市場の引け後)に動く傾向は過去にも見られたが、2日連続で早朝に大きく売られた。CMF指標は軒並み資金が大きく流出していることを示している。そろそろ流出は止まる頃だが、だからといって買い要素にはならない。下落トレンドは明白。

銘柄間の強弱は変わらないが、LTCの50DMA割れは残念。強い銘柄が50DMAを割った以上、全体の調整も長引くだろう。

BTC日足

前回安値を割り、9000台まで。急落底入れ後の上昇トレンド崩れる。サポートは200DMA@8905近辺。

※チャートクリックで拡大表示

ETH日足

こちらも資金の流出シビアで先行きに暗雲。当面のサポートは何度か揉み合っている650付近→200DMA。

※チャートクリックで拡大表示

XRP日足

資金流出シビア。当面のサポートは200DMA。

※チャートクリックで拡大表示

BCH日足

200DMAを割り込んだまま反発の気配なく心配。資金流出傾向も顕著。

※チャートクリックで拡大表示

LTC日足

50DMA割り込む。CMFの急落が嫌な感じ。「次期主力銘柄」認定はおあずけ。サポートは200DMA。

※チャートクリックで拡大表示

※略語と簡単なテクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.2.9「マクラレン・オシレーター」を追加しました)
テクニカル講座02(2018.2.1加筆しました)

スポンサーリンク