[ツイート備忘録] 株式と金銀のバブルは時間差

2020年8月24日コモディティ, ゴールド投資, シルバー投資, チャート分析, 日経・為替チャート, 日経平均, 米株チャート

重要ツイートをアーカイブ化しておくページです。

スポンサーリンク

バブル議論の起点となったツイート

総論:バブル化の背景

大きな背景はコロナショックが加速する世界史的変化です。

世界経済はもはや資本主義(capitalism)とは言えません。本質的な意味での自由競争など存在しないからです。むしろリーマンショック以後は中央銀行主義(central-bankism)とも呼ぶべき、官製相場と自由主義経済のハイブリッドになっています。そしてバブル崩壊後は、所得格差を少しでも埋めるべく、社会主義的な経済体制にシフトしていくでしょう(ただし、日米欧の諸国家が、CCPの主導するような専制的な人治国家を目指すわけがありません)。

そこでは経済へのダメージを回避すべく金融緩和を行うことがノームであり、ここに今般コロナ禍によって反緊縮=財政出動拡大というファクターが加わりました。日本政府のリアクションは鈍く見えますが、大勢に逆らうのをやめたとき、日経平均の本格上昇が始まるはずです。

金銀のバブルに関しては、QEに加えて歴史的低金利(ゼロ金利、マイナス金利)の常態化とその限界があります。”日本化” したくない世界経済は、QE環境下でのマイルドなインフレを歓迎します。

しかし、米中対立によって経済のブロック化が進んでいくと好ましからざるインフレを招く恐れが高まります。中国(とその傀儡国家群)という最大のデフレ輸出圧力が減退し、欧米日の経済にインフレバイアスがかかるからです。この長期的趨勢を先取りする市場には9000兆円もの投資可能資金がうごめいています。その数%が殺到するだけでも、市場規模の小さな金銀は高騰せざるを得ないでしょう。

参考記事

シュンペーターの経済学的・社会学的洞察

バブル化について

日本市場:日経とマザーズ

やがてこれが実現していくと見ています。間にベア相場は挟まりますが…..

本格的な上昇相場を始めたかも知れないのはマザーズ市場です。

日経平均先物

※誤記失礼。ツイート中のサクルはサイクルの誤りです。

ゴールドとシルバー

株式のバブルは、金銀より半年くらい先行していると見ます。したがって株式が天井をつけても、金銀は上昇し続けるはずです。

金銀鉱株のアウトパフォーム

アメリカ市場

現況

短期では買いどきだが、中長期では調整待ちなので買い時ではありません。

アップルのバブルはまだ終わらない件

SPXの3400到達

一段高への期待

出遅れダウの最高値更新が見えてきた?

SPXの長期

2020.8.27追記:中期底入れ条件など

ゴールドの現状

ドルの行方

9月1日追加:ドルの底入れ?

9月4日追加:最新のゴールドの軌跡予想

ゴールド相場の特徴として「急激に上昇または下落が起こり、短い期間で終わる」という習性があります。センチメントをブル⇛ベア(またはその逆)に持っていくために必須の “儀式” です。

ゴールドのバブルは株式より半年以上遅行しているのですから、これからコロナショックもどきがゴールド市場を襲うと考えればいいでしょう。

9月8日追加

ゴールドのサポート割れ警戒

時間差ピークアウト