[週末分析] コロナショックはコンドラチェフ循環の示唆的調整局面?

2020年6月6日チャート分析, テクニカル用語・指標, 日経・為替チャート, 日経平均

今回は長期の景気循環の視点で日経を分析してみました。コロナショックがマーケットに大きな調整を促した事実は非常に示唆的です。広義の「健康」が新時代のキー産業になると目されるからです。

スポンサーリンク

コンドラチェフ循環

コンドラチェフ循環は、技術革新(イノベーション)による産業構造の変化に着目した代表的な景気循環論で、約50年を1サイクルとカウントするものです。

日本経済も例外でなく、戦後の高度成長期は以下のように59年のサイクルと見なせます。最初の40年(2/3)の期間が回復⇛好況期、その後の20年(1/3)が後退⇛不況期に当たります。

日経平均(年足)

景気循環

(画像出典:大和証券ウェブサイト https://www.daiwa.jp/seminar/technical/05/ )

新たな経済成長の牽引役は広義の健康産業

専門家によれば、現在は第6のコンドラチェフサイクルに入っています。第5サイクルとともに解説を和訳してみました。

The fifth Kondratieff began in the early 1950s. Its driving force originated in computer-based information technology. With constantly increasing speed, information technology permeated all areas of society and turned the world into a global village of information. During the fifth Kondratieff, the industrial society changed over into an information society. Since then, economic growth is primarily defined as growth in the information sector.

第5のコンラチェフサイクルは1950年序盤に始まった。原動力となったのはコンピュータ情報技術の躍進である。日進月歩の処理能力の向上で情報技術は社会の隅々に浸透し、地球全体をひとつの「情報村」にした。工業社会は情報社会に変わり、第5コンラチェフ期の経済成長は基本的に情報セクターの成長が牽引した。

The fifth Kondratieff ended at the turn of this century. At the same time it ended, the sixth Kondratieff cycle began. The carrier of this new Kondratieff cycle will be health in a holistic sense.

第5コンラチェフサイクルは21世紀初頭に終わった。同時に第6のサイクルが始まった。牽引役は大きな意味での健康産業である。

The Sixth Kondratieff

At first glance, this statement may come as a surprise. Can health expenditures, which are economically classified as pure expenses and as something negative that should thus be avoided if possible, take on the role of a locomotive for growth and employment in the future?

第6コンドラチェフサイクル

初めて聞くと意外な判断に聞こえるかもしれない。経済的に見て、健康支出など単なる経費であって、できれば減らしたい項目に過ぎないではないか。ヘルスケアなどの健康関連産業が経済を引っ張り、雇用を拡大させるなんてありえるのか、と。

At this point, we should recall the results of modern growth theory. Machi­nery, capital or jobs are only ostensibly the most important sources for economic growth. The main source for economy growth is productivity progress. The sixth Kondra­tieff is carried by an improved productivity in handling health.

現在主流の成長理論を思い出してほしい。設備投資、資本、雇用が経済成長の重要な源泉だというのはうわべの議論に過ぎない。本当に経済を成長させるのは生産性の拡大なのだ。第6コンドラチェフサイクルの成長は、健康関連産業の生産性拡大によってもたらされるはずだ。

(出典: https://www.kondratieff.net/kondratieffcycles )

この著者の言っている健康産業はholistic healthとも表現されているように、心身両面に渡る非常に幅広いビジネス・サービスを含んでいます。

阻害要因

筆者によれば、どのコンドラチェフサイクルにも必ずその初期にぶち当たる壁(阻害要因)があるそうです。この壁をぶち破って変化は本格的する、と。

では、第6サイクルの本格化を阻んでいる要因は何か?筆者はsocial disorderだと言います。social disorderは通常「社会不安」と訳されますが、むしろ「社会リスク」と訳したほうがピンとくるかと思います。具体的には以下のような事象が列挙されています。

fraud, theft, lies, sabotage, drugs, violence, hacking, cyber extortion, war, refugees, climate change, environmental degradation

詐欺、ペテン、窃盗、ドラッグ、暴力、ハッキング、ネット犯罪、戦争、難民、気候変動、環境破壊

こうした数多の社会リスクの被害総額は20兆ドル(2019年)。アメリカのGDPを軽く上回る損失規模です。筆者は、こうした社会リスクを除去していくためのあらゆる試みをhealth industryと呼んでいるのです。新たな健康関連セクターには、食・住(建築)からメンタル(宗教含む)、環境保護に至る人間活動のすべての領域が含まれています。

そのため一口に健康と言っても、次の5つのレベルで健康が考えられており、それぞれに対応するビジネスやサービスが立ち上がることになります(この視点からは、既成宗教やスピリチュアル系の諸スクールもサービスのひとつと捉えられます)。

8.1.jpg

最もベーシックなのは肉体の健康ですが、その上にはさらに追求すべき価値として、理性人としての健康、さらにはこころやたましい(霊)の健康が求められる世の中になるということでしょう。今後の人類は、メンタルヘルス、スピリチュアルヘルスにより多くの消費を行うようになるわけです。

実際そういう流れはすでに起きており、この見立てに違和感はありません。そして、ここに日本経済がなぜ復活するか(復活しなければおかしいか)の鍵が明白に現れているように思います。今般のコロナショックが明らかにしたのは、麻生大臣の言う「民度」の重要性です。この「民度」は歴史の精華であり一昼夜で実現するものではありません。今後、メンタルを含めた健康のバロメーターになっていく類の「価値」なのだと言えます。

このことに関連しますが、社会リスクの部分で筆者は大事な指摘をしています。

To reduce social disorder effectively, it is not enough to enact new laws, hire more police officers and build more prisons. This only treats the symptoms. If you want to fight social disorder effectively, you have to start with people and their deficits, disorders and diseases.

社会リスクを効果的に減らしたいなら、これまでのように法律を変えたり、警官や収容所を増やすだけでは不十分だ。それらは対症療法に過ぎない。症状の根本にはヒトが抱える3D(債務、精神的不調、肉体的不調)があり、これに対策することから始めなければならない。

(出典: https://www.kondratieff.net/the-sixth-kondratieff )

 3D(deficits, disorders and diseases)はメンタル、フィジカルの不調とともにお金の不調も指しており、重要なポイントかと思います。今後、健康産業を発展させる上では、まず人々が抱える「お金の不調」を解決してあげないといけないわけです。

おそらくベーシックインカム論などもこうした社会ニーズを背景にしているのでしょうが、べーシンクインカムを実施する代わりに、政府負担の増大を理由に世界に誇るべき社会保障を部分的もしくは全面的になくしてはなりません。健康はもはや「財政のお荷物」ではなく、今後半世紀を引っ張る成長産業なのですから、くれぐれも、本末転倒かつ短慮な政治判断は避けてもらいたいものです。

日本に有利な時代が来る

健康産業の時代は日本に有利な時代でもあります。いまFAGAが我が世の春を謳歌しており、いかにも今後の世界をも牛耳りそうです。しかしFAGAはあくまでも第5コンドラチェフサイクルの覇者であり、第6コンドラチェフ期に必要な情報インフラの提供者に過ぎません。

ありあまる情報を高次のメンタル・魂を含めた健康に結びつけるソフト部分では西洋文明には限界があります。むしろ西洋近代化のノウハウを身に着けつつ、バックボーンに神道+仏教(禅含む)の精神伝統を持つ日本が、少子高齢化の先端で、どのような社会モデルを築いていくか、どのようなサービスを生み出すかに注目が集まっていきます。そこでのキーワードが心身の健康(holistic health)なのでしょう。

コンドラチェフから見た日経平均

さて、以上のようなコンドラチェフの景気循環の視点から見ると、日本経済は2009年3月の平成デフレ不況を底として、新たな景気循環サイクル(第6コンドラチェフ)に入っています。

前回同様2/3の約40年間が拡張期になるとするなら、2012年末から始まったアベノミクスは拡張期の回復フェーズに当たり、現在は必要な調整局面(コロナショック)を経て、本格的な好況期に入ろうかという局面と見なせます。2017年後半以降、日経が何をやっているかざっくり捉えると、半値戻しの23000円水準をサポート(跳躍のジャンプ台)にできるかどうかを試しているわけです。

23000円の地固めが済めば、好況期が待ちうけています。いまの段階では、にわかに信じがたいと思いますが、株価は基本的に右肩上がりなのですから当然ピークにはバブル時の39000円を超えていくことになります。

日経平均 現物週足

最後にチャート分析です。いま株価はちょうど下降トレンドラインにぶち当たりました。おそらくここから一年ほど調整期に入ると思われます。上昇が急だっただけにマーケットは内部で「消化不良」を起こしており、しばらく「腹ごなし」をして次の上昇に備えなければなりません。

もし23000円台をさらに駆け上がる高騰が演じられるとすればそれはオーバーシュートであり、しっぺ返しが深くなるだけ(再クラッシュ確率が高まる)。何事も過ぎたるは及ばざるが如しです。

※チャートクリックで別ウィンドウに拡大表示。