[仮想通貨トップ6] 浅い調整をこなし、ヨコヨコ推移へ

チャート分析, 仮想通貨チャート, 姉妹サイト, 独自コラム

スポンサーリンク

コメント(2018.5.8午前)

調整は浅く、引き続き健全な動きに見える。唯一の気がかりはBTCがいまだ200DMAをクリアできていないことくらい。

BTC 4時間足

50本線と100本線にはさまれた狭い領域でヨコヨコ調整。これ以上の値幅調整があるなら、揉み合いになりやすい9000ドル付近が目処か?

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

ETH 4時間足

100本線までの調整から反発。下落時、出来高急増した700ドル付近は今後サポートになる可能性大。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

XRP 4時間足

500本線が100本線をデッドクロスしつつあり短期的には形勢よくない。78セント付近までの下落は許容範囲か。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

BCH 4時間足

ブレークした長期抵抗1570までの調整で切り返す理想の展開だが、反発後はベアフラグ気味の上昇。しばらくは保ち合いか?

スポンサーリンク

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

LTC 4時間足

50本線までの調整から反発、順当。現値の165付近は以前の高値があった場所。明確に突き抜けたい。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

EOS 4時間足

16ドル付近をフロアに反発後、ヨコヨコの保ち合い。急騰後なので順当な動きだが、50本線が下を向きだしたので、そろそろ再上昇がほしい。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

※本サイトやツイートで使用する略語と、テクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.4.24 知らず知らず使っているジャーゴンの意味と略語の一覧をページ冒頭に追加しました)

スポンサーリンク