[日米市場] 来週以降の相場展開予測

チャート分析, 日経・為替チャート, 米株チャート

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント(2018.4.7)

最近のアメリカは週末に売られるパターンになっており反落。2月安値または200DMAの再テストが視野入り。

ドル円の動きを見ると、節目の107.32水準まで円安が進み、ここを超えようと揉み合うも反落。しかし雇用統計後も107円前後で踏ん張っているので、そう悲観される感じではない。

展開予測

基本はあくまで強気の予測。間違った場合は素直にショート主体に切り替える。日経とナスダックを比較すると「日経は先行して5波の調整を終え、上昇サイクル入りしているように見える」。

ナスダック100日足

現状は戻り高値からの調整の5波目に当たり、どこかで安値を試す展開。あくまで強気に今後の動きを予測すると・・・

  1. 200DMAまたは2月安値をテストしてWボトムをつけ、
  2. 50DMA付近まで戻し、
  3. 跳ね返されて調整し、
  4. 再テストでブレークして上昇トレンドへ復帰

という感じになる。

※チャートクリックで拡大表示

日経平均先物 日足

ナスダック同様、強気を前提に今後の展開を予測してみた。日経はナスダックに先行して5波の調整を終え、すでに上昇サイクルに入ったのではないかと思う。

  1. 現在の反落はどこかで底をつけ、
  2. 再上昇を始めると、50DMAと200DMAがデッドクロス
    する辺りで、その水準をテストし、揉み合いになるが、
  3. 最終的にはブレークして22000円台に復帰する。

※チャートクリックで拡大表示

※略語と簡単なテクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.3.31 ダイバージェンスやチャンネルなどテクニカル講座の拡充を行いました)

スポンサーリンク