[仮想通貨四天王] 昨晩から反発開始、これまで順調も揉み合いに入るタイミングか

チャート分析, 仮想通貨チャート

 

スポンサーリンク

コメント

ETHを除き、ほぼ100DMAがサポートになって反発。ETHはちょうど50DMAで切り返した。やはり最強。

半日反発し続け順調に戻してきているが、日足の出来高を見るともう一度下を試してもおかしくない。タイミング的にそろそろ揉み合いに入る頃、問題はそこから再浮上できるかどうか。

BTC 4時間足(2018.1.18正午)

100DMAを一時大きく割り込むも下ヒゲをつけて反発、守ったかたち。現在の11500レベルは急落前のサポート。超えていければ一安心だが・・・

※チャートクリックで拡大表示

XRP4時間足(2018.1.18正午)

100DMAをテストすることなく反発、50DMA上へ復帰。回復早い。急落前の1.6-1.7のレンジがレジスタンス。ここのクセは「売られるときは人一倍弱いが、反発し始めると人一倍強い」という両極性か。

スポンサーリンク

※チャートクリックで拡大表示

ETH4時間足(2018.1.18正午)

ちょうど50DMAで大きく反発。下ヒゲの長さは底入れを示唆。やはり最強銘柄。

※チャートクリックで拡大表示

BCH 4時間足(2018.1.18正午)

100DMAを守った。

1650-1750の帯を一瞬大きく割り込み、1345の極値をつけた。その後急速に戻り、現在1790付近。ただ次の下落時に備え、一度でも割れた事実は忘れないでおこう。

※チャートクリックで拡大表示

※略語と簡単なテクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.1.17 加筆しました)

スポンサーリンク