[日本株] AIBOがソニー本格的復活の狼煙となるか

2017年11月26日日経・為替チャート

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ソニーの復活

日本経済、近年グダグダが目立つ。新自由主義の “四半期経営” が悪作用して、目先利益優先→長期展望欠如の悪循環を生み、とうとう屋台骨を腐らせ始めた。シャープがこけ、東芝がこけ、総合電機は絶賛落日中。神戸製鋼がウソをつき、三菱マテリアルがウソをつき、産業の基幹部分でもメルトダウン。

メディアが喜びそうな悲観論のネタに事欠かない。

日本の強みは部品・素材・精密加工

しかし過去に囚われていても仕方ない。日本の強みはアセンブリ―だけにあるのではない。むしろアセンブリー以前の部品、素材、加工技術が真骨頂。どんな腕っこきのシェフも、いい素材なしに渾身の一品はつくれない。

組み立てなど誰にでもできる。中華に任せておけばよい。素材や部品は鋭利な感覚と技術なしに作れない。

たとえば、重電大手のNEC。原子スイッチ(atomic switch)で先端を行く。実用化が軌道に乗れば、宇宙、AI、IoT時代の半導体になる可能性が高い。もっと身近で目立つところではソニー。個人的に、2013年末のフルサイズ ミラーレス カメラ発売以降、復活の感触を得てきた。

 AIBOで上げ潮に弾みがつけば・・・

今年のAIBO復活で衆目が集まり始めた。本物の復活の狼煙となってくれることを願う。ロボティクス事業においては次なる一手が重要。長期チャートを見れば回復基調は明らか。投資家としては期待しているところだ。

ソニー(6758)月足

長期の半値水準で値固めし、ギャップアップしてそのまま上昇し、二度とジャンプ元へ戻らない runaway move となるかどうか注目。

 

スポンサーリンク