テクニカル実践講座 2018年10月分

2018年10月2日

もくじ

スポンサーリンク

2018.10.18朝 戻り高値22950、初押しは50HMA手前で終了

サンプル:日経平均先物 日足

戻り高値後の初押しは22635まで、50HMAより上で反転。ドル円、アメリカ主要各指標は50HMAまでの押しから反転。順調なら日経は22950を超え、23000円台に復帰するはず。

戻り目処を再度チェック。

  • ✓本年高安の仲値:22315(到達)
  • ✓先物日足200DMA:22453付近(到達)
  • ✓先物60分足上昇サイクル転換点:22590(到達)
  • ✓先物週足26WMA:22700付近(到達)
  • ✓先物日足75DMA:22776付近(到達)
  • ✓直近高値:22905(10/17到達)
  • 先物日足50DMA:22958付近(ほぼ到達も跳ね返される)
  • フィボナッチ半値脅し:23255
  • 下の窓埋め:23373
  • 先物日足25DMA:23430付近
  • フィボナッチ2/3戻し:23544
  • 上の窓埋め:23730

日経平均 先物60分足

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

日経平均 先物日足

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

2018.10.16夜間 60分足ベースで上昇サイクルに転換、戻り目処は?

サンプル:日経平均先物 日足

ようやく60分足ベースの上昇サイクルに転換。参考までに戻り目処を挙げる。

  • ✓本年高安の仲値:22315(到達)
  • ✓先物日足200DMA:22453付近(到達)
  • ✓先物60分足上昇サイクル転換点:22590(到達)
  • ✓先物週足26WMA:22700付近(到達)
  • 先物日足75DMA:22776付近
  • 直近高値:22905
  • 先物日足50DMA:22958付近
  • フィボナッチ半値脅し:23255
  • 先物日足25DMA:23430付近
  • フィボナッチ2/3戻し:23544

日経平均 先物日足

能天気に見えるかもしれないが、中期調整⇒高値更新の見通しは変えていない。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

日経平均 先物週足

長期下値支持線、75WMAをテストすることなく反発開始。次の下落ターンで試すのかもしれない。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

2018.10.15夕刻 下値目処

サンプル:日経平均先物 日足&週足

リバウンドらしいリバウンドもなく下落継続。今晩のアメリカの動向がカギになりそう。一応、節目になりそうな下値目処を列挙する。

  • 現物週足の下値支持線:22135付近(すでに到達)
  • 本年高安の2/3押し:21912
  • 4月SQ値:21853(≒8/13安値21851)
  • 現物週足の75WMA:21763付近
  • 7/2安値:21462

日経平均 先物日足

能天気に見えるかもしれないが、中期調整⇒高値更新の見通しは変えていない。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

日経平均 先物週足

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

ドル円 日足

50DMA、75DMA、下値支持線が111.7-111.8付近に集中。現在ここをテスト中。リバウンドしてもおかしくないタイミング。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

2018.10.15午前 上昇サイクルに転じられるか?下落継続か?

(訂正:本年仲値は22235ではなく22310。お詫びして訂正します。)

サンプル:日経平均先物 60分足&日足

アイランド・リバーサルが実現。不調が続く。

  • 金曜夜間の安値は22220。その前の安値は10/12夜間の22240でWボトムぽい形状。
  • 本年高安の仲値は2223522310で、止まっておかしくない。
  • 日中現物ベースでの安値は22323。
  • 22220からの反発は50HMAで頭がつかえ反落。下落サイクルを抜け出すには22755超えが必要。

日経平均 先物60分足

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

日経平均 先物日足

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

2018.10.11 アイランド・リバーサル確定、三空叩きこみか?

サンプル:日経平均 現物日足

急落。一気に22900-23000のブレークアウェイ・ギャップ否定⇒75DMAテストまで。

ストップの重要性を再認識。また23050でショートできたことからSQ値の重要性も再認識。

三空叩きこみ

明日の寄り付き次第だが、ギャップダウン⇒ギャップダウンの過剰な下落から反転すれば、綺麗なパターンとはいえないものの、酒田三法の「三空叩きこみ」に似た反転が見られるかもしれない。

「三空叩き込み」の画像検索結果

下値目処の到達状況

残るは、200DMAと年内最安値⇒最高値の半値押し22395のみとなった。予想外の展開。

  • ✓5DMAのある24175付近(到達)
  • ✓直近安値24000フラット(到達)
  • ✓その前の安値23770(到達)
  • ✓9.24祝日につけた安値23590(到達)
  • ✓2つ目の窓22480付近(時間外先物ベースでは達成)
  • ✓25DMAのある23370付近(到達)
  • ✓22147⇒24445の半値押し23312(到達)
  • ✓9月MSQ値23058(到達)
  • ✓1つ目の窓23020付近(到達)
  • ✓旧鬼門22740(到達)
  • ✓3月安値⇒9月最高値の1/3押し22879(到達)
  • ✓75DMAのある22725付近(到達)
  • 200DMAのある22510付近
  • 3月安値⇒9月最高値の半値押し22395

日経平均 現物日足

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

 

2018.10.10 アイランド・リバーサルの危険性

サンプル:日経平均先物 現物日足

調整長引き25DMAテスト。アイランド・リバーサルの可能性が急浮上。早急に窓上限23737を回復しないと、このまま大きな下落波動になってしまう。

時間ベースの下落サイクルはすでに継続時間130本、下落幅1100円を超え、いったんはリバウンドする頃合いだが?

下値目処の到達状況

  • ✓5DMAのある24175付近(到達)
  • ✓直近安値24000フラット(到達)
  • ✓その前の安値23770(到達)
  • ✓9.24祝日につけた安値23590(到達)
  • ✓2つ目の窓22480付近(時間外先物ベースでは達成)
  • ✓25DMAのある23370付近(ほぼテスト)
  • 22147⇒24445の半値押し23312
  • 9月MSQ値23058
  • 1つ目の窓23020付近
  • 50DMAのある22900付近

日経平均 現物日足

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

2018.10.8 アメリカの状況と日経時間外の動き

サンプル:アメリカ主要指標 現物日足&日経平均先物 1時間足

祝日時間外だが安値は23475まで。これを書いている時点で安値付近を再テスト中。現物ベースの記録ではないので2つ目の窓埋め達成といえるかどうかは明日の日中次第。

下落サイクルはすでに継続時間110本、下落幅1000円を超え、下げ止めってもいいタイミング。

下値目処の到達状況

  • ✓5DMAのある24175付近(到達)
  • ✓直近安値24000フラット(到達)
  • ✓その前の安値23770(到達)
  • ✓9.24祝日につけた安値23590(到達)
  • ✓2つ目の窓22480付近(時間外先物ベースでは達成)
  • 25DMAのある23325付近
  • 9月MSQ値23058
  • 1つ目の窓23020付近
  • 50DMAのある22900付近

ダウ現物日足

主要指標で最も強い動き。25DMAテストから反発できるか?

S&P500現物日足

50DMAテストから反発開始か?

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

ナスダック現物日足

最も調整深く100DMAを割り込むこところまで下落。反発できるか?

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

日経平均先物 1時間足

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

2018.10.5 調整入りの場合の下値目処

サンプル:日経平均先物 1時間足

昨晩の安値は23615。最高値からの下落幅865、時間72本で中途半端な感じ。

  • ✓5DMAのある24175付近(到達)
  • ✓直近安値24000フラット(到達)
  • ✓その前の安値23770(到達)
  • 9.24祝日につけた安値23590
  • 2つ目の窓22480付近
  • 9月MSQ値23058
  • 1つ目の窓23020付近
  • 25DMAのある23120付近(1日50円ペースで上昇)

戻りの目処は?

24000前後に節目が集中している。

  • 窓埋め(昨日日中安値)23925
  • 夜間高値24030
  • 下落幅の半値戻し24045
  • 50HMAのある24055付近(毎時40円程度下落)
  • 5DMAのある24090付近(毎日60円程度下落)

日経平均先物 1時間足

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

2018.10.2 調整入りの場合の下値目処

サンプル:日経平均先物 1時間足

高値24480は上昇サイクル3波動目だったが、RSIにNegDiv示現から反落。現在、50HMAを下回ってきており、調整入りした可能性が出てきた。その場合の下値目処は以下の通り。

  • 5DMAのある24175付近
  • 直近安値24000フラット
  • その前の安値23770
  • 9.24祝日につけた安値23590
  • 2つ目の窓22480付近
  • 9月MSQ値23058
  • 1つ目の窓23020付近
  • 25DMAのある23120付近(1日50円ペースで上昇)

日経平均先物 1時間足

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

Posted by tokoshie80