[週末分析] 調整しないマーケット:いまメイチの推奨投資先は?

シルバー投資, チャート分析, 日経・為替チャート, 日経平均, 米株チャート

FRBがコロナ危機早々に発令した無制限バズーカ。その効き目は明らかで、マーケットはちょっと下げては上値を更新する強い相場つきで推移しています。今後はどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

コメント

馬鹿の一つ覚えのようで恐縮ですが、二番底は来ないと思っています。調整は必ず来ますが、暴落はないでしょう。

すでにマーケットの関心はコロナ危機からコロナ後の米中冷戦の行方に移っていて、決定的な出来事が起きるのをいまかいまかと待ち構えています(例えば、台湾の国家承認のような)。おそらく、それがSPXがいまだに200DMAに届いていない理由です。未来型のナスダックと違ってオールドエコノミー企業も多いSPXは怖くて上値を追えないわけですね。

通常なら200DMAをテストしてから本格調整入りするのが「お約束」ですが、相手はトランプさん。不意打ちを食らって200DMAに届く前に下げ始めるかもしれません。いずれにしても、本格調整が始まるきっかけはコロナ関係ではなく米中関係になると思います。

以下、チャートを並べます。最後にオマケでシルバーの長期チャートも載せます。数十年に一度の投資チャンスなんです。向こう数年間、貴金属バブルが演じられるはずなので、いまからでもじゅうぶん間に合います。

日経平均 現物週足

※チャートクリックで別ウィンドウに拡大表示。

日経平均 先物4時間足

見事な上場トレンドで本格調整入りの最低必要条件は直近安値19605割れ。

※チャートクリックで別ウィンドウに拡大表示。

S&P500 現物日足

※チャートクリックで別ウィンドウに拡大表示。

シルバーETF(SLV)月足

歴史的20ドル水準のブレークに向けて上昇開始かというタイミング。個人的にはこのSLVや銀鉱株をぼちぼちドルコスト法で買い集めています。今後の貴金属バブル到来を見据えた長期投資です。

※チャートクリックで別ウィンドウに拡大表示。