[週末分析] アベノミクス相場は死なず?ABC調整完了で強烈なリバウンドの可能性

チャート分析, 日経・為替チャート, 日経平均, 米株チャート

アベノミクス相場終了の見立てを一時取り下げ、週明け以降、大きくリバウンドする可能性を重く見ます。

スポンサーリンク

当局の意向には(少なくてもいまは)逆らわぬ方が身のため

というのも、アメリカ株は二週間連続で金曜引け間際に怒涛の買い攻勢で株価維持が図られ、これ以上下げさせないぞという明確な意思表示がなされました。もう10年以上も当局の意思は尊重され、”Don’t fight FED.” が鉄則になっている以上、今回が例外となる確率は現時点では低いと思います。

したがってアメリカは先々週金曜に、日経は先週金曜にABC調整を完了し、いったん底入れしたと判断し、週明けからは買い目線で臨みます。

本当にアベノミクス相場が終焉したかどうかは、リバウンドの強さ、その後の動きを見て判定すれば十分でしょう。

リバウンド後の動きで、再クラッシュして今回の安値を割れば、アベノミクス相場は本当に終了。ベア相場入り確定。再下落しても底値を割らなければアベノミクス相場は生き残る可能性が浮上します。その場合、先週金曜日のアベノミクス下値支持線割れは一時的なオーバーシュートだったという結論になります。

どちらに転ぶにしろ、いまは ”まだ” PPTに逆らう時期ではないと判断します。

S&P500 現物日足

※チャートクリックで別ウィンドウに拡大表示。

日経平均 現物日足

※チャートクリックで別ウィンドウに拡大表示。