[緊急記事] アベノミクス相場終了のお知らせ

チャート分析, 日経・為替チャート, 日経平均

短い記事になります。でも大事です。日米中、いや世界の官製相場が終わりそうです。

スポンサーリンク

日経平均 現物週足

今日は金曜で週足の終値が確定しました。日経は200WMAとアベノミクス下値支持線を明確に割り込んで終わりました。非常に重要な水準を2つとも守れなかった以上、アベノミクスQE相場は終焉したと判断せざるを得ません。

※チャートクリックで別ウィンドウに拡大表示。

どれくらいの期間続くかわかりませんが、日経はミニベア相場入りしたと判断しますので、ここからは戻り売りが基本スタンスとなります。とりあえずの下値目処は、下降チャンネル下限の18000円台前半でしょうか?

あまりに場当たり的な、内外投資家の評価を貶めるような対応に終止する日本政府の下では、これが当然といえば当然の帰結です。当方、日本為政者の無能さを過小評価していました。

アメリカのQE相場もオワコンか?

今晩のアメリカ市場では露骨なPPT介入が予想され、日経も来週週明けはギャップアップで始まる可能性があります。それでも、日米株式とも最終局面でのクラッシュは回避できなくなった、と考えます。

FRBが緊急利下げに続いて、3月18日にも追加利下げに踏み切る可能性は高いのですが、末期のジャンキーのように見えます。もう株価は上がらないのではないでしょうか?

何度もしつこいようですが、必要なのは金融緩和ではなく、財政出動による実体経済への直接的な働きかけ(金融経済ではなく国民経済の回復策)だからです。もしQEしても株価が上がらくなれば、とうとう世界的にもQE相場の終焉が宣告されることになります。

長い目で見れば、その方がいまより数倍健全です。