[日経平均] 4時間足で見る令和GW直前の情勢

チャート分析, 日経平均, 米株チャート

前稿「週末分析」に以下のように書きました。

ギャップ上げ⇒ヨコヨコ時間調整⇒ギャップ上げ⇒ヨコヨコ時間調整のパターンは終わったように見えます。時間調整(日柄調整)か価格調整のどちらかを経ない続伸は考えにくいのですが、予断を持たず、実際の動きに合わせてポジションを調整しようと思います。

結果、22050-22350のレンジ形成による時間調整となったように思います。

スポンサーリンク

日経平均先物 4時間足

チャートをご覧いただくとわかるように、薄緑のレンジは階段状にせりあがってきています。いまは昨年の中間地点である22300水準の突破に難航している状況。「買いたいけど(=もっと上げる予定だけど)連休前という地合いから誰も積極的に動けない」といった印象です。

※チャートクリックで別ウインドウに拡大表示します。

日経平均先物 60分足

本日、後場から夜間の動きに注目ですね。

参考:アメリカ主要指数の情勢