[週足分析] 21600円死守からギアチェンジした日経、落ちそうで落ちないアメリカ

チャート分析, 日経・為替チャート, 日経平均, 米株チャート

前回の週末は眼精疲労でお休みをいただきました。変則ですが本日分析記事をアップします。

スポンサーリンク

コメント(2019.4.16)

日経は再三お伝えした21600レベルを守り切り、ギアチェンジした格好です。順当なら、この先しばらくは21600水準を割り込む調整は起きないはず。

先週指摘したギャップ上げ⇒ヨコヨコ時間調整⇒ギャップ上げ⇒ヨコヨコ時間調整のパターンも死んでいません。今度の調整で200DMAを大きく割り込まなければ、ブル相場復活と判断していいでしょう。

上値目処

先週リストアップした節目の達成状況をチェックしてみましょう。

  • 21910付近:200DMA⇒達成
  • 21900円台後半:50WMA⇒達成
  • 22100円付近:75WMA⇒達成
  • 22300円台:Wボトムターゲット⇒未達成
  • 新規追加:24300円付近:変形逆三尊の全返しターゲット

調整目処

  • 21880付近:現物の200DMA、この水準まで下げればギャップアップであけた窓を埋めます。
  • 21600:旧揉み合いゾーン上限(ブレークポイント)

日経平均先物 4時間足

21600超えとRSIの下降TLブレークが一致。RSIがこのTLより上で推移するジリ高の展開が予想されます。

※チャートをクリックすると新しいタブに拡大表示されます。

日経平均現物 週足

変形逆三尊の全返しターゲットは24300円付近。昨年10月最高値にほぼ面合わせの位置ですが、どうなりますか?

※チャートをクリックすると新しいタブに拡大表示されます。

ナスダック現物 週足

※チャートをクリックすると新しいタブに拡大表示されます。

ドル円 日足

ドル円が200DMAを明確にクリアしてくると、大方の予想していない本格的円安モード突入となる可能性があり、要注目です。

※チャートをクリックすると新しいタブに拡大表示されます。