[週末分析] アメリカは小型指数も200DMA超え、日経は売り方泣かせのジリ高継続か?

チャート分析, 日経平均, 米株チャート

今週は日経、ナスダック、ラッセル2000を分析しました。

スポンサーリンク

コメント(2019.4.7)

日経は週足終値で26WMA超え。中長期上昇トレンド転換への最低条件を満たしました。でもMAはまだ下向き、信頼度はいまいちです。とはいえ、最近の相場を見ているとギャップ上げ⇒ヨコヨコ時間調整⇒ギャップ上げ⇒ヨコヨコ時間調整のパターン。これが22000円台まで続く可能性もあります。途中調整が起きても21600を明確に割らなければ問題ないでしょう。

上値目処

  • 21910付近:200DMA
  • 21900円台後半:50WMA
  • 22100円付近:75WMA
  • 22300円台:Wボトムターゲット

調整目処

  • 21760付近:50HMA
  • 21600:旧揉み合いゾーン上限(ブレークポイント)

日経平均先物 4時間足

21600超えとRSIの下降TLブレークが一致。RSIがこのTLより上で推移するジリ高の展開が予想されます。

※チャートをクリックすると新しいタブに拡大表示されます。

日経平均現物 週足

終値で26WMAを超えてきました。次の目標は21900円台後半~22100円にある50WMA、75WMA。変形逆三尊のネックラインも超えてきています。

※チャートをクリックすると新しいタブに拡大表示されます。

ナスダック現物 週足

※チャートをクリックすると新しいタブに拡大表示されます。

ラッセル2000現物 日足

※チャートをクリックすると新しいタブに拡大表示されます。