[日経平均市況] 21000ちょい上の下降トレンドラインを今週中にテストできるのか?

2019年1月28日チャート分析, 日経・為替チャート, 日経平均, 米株チャート

スポンサーリンク

2019.1.28(月)コメント

先日投稿した以下の相場展開予想にあるように、現時点では、今週のFOMC前後に下降トレンドラインをテストしてから調整入りという見立ては変えていません。

2019.2.1 (金)コメント

見解を微修正します。FRBのスタンスが変わったので、調整は調整でも、値幅の調整ではなく日柄の調整の確率が高まったと思います。高値圏でのもみ合いです。

参考記事

アメリカの総合指数は軒並み、下降TLを超え、200DMAテストまで復帰しています。ここはすんなりとは通過できそうにありませんが、結局は超えていくと思います。日経は相当に出遅れています。まあ、財政も引き締め、さらに増税という空気を読まないお上をいただく国なので、さもありなんですが・・・。

ドル円 日足

25DMA付近で膠着状態。戻り一杯の可能性も出てきました。

※チャートをクリックすると別ウィンドウに拡大表示されます。

日経平均先物 日足

2019.1.28(月)

気になるのは勢いの弱さです。アメリカと違い、50DMAを試せていません。ドル円次第ということでしょうか?

※チャートをクリックすると別ウィンドウに拡大表示されます。

いったんは取り下げた弱気シナリオですが、一応、頭の片隅に入れておきます。確率的には、青の強気シナリオ70%、ミニベア相場入り30%という感じです。

とにかく相場で予断は禁物です。

2019.2.1(金)

最悪でもアベノサポートのテストまで。それ以上の弱気シナリオは捨てることにしました。それにしても日経の出遅れは鮮明です。参考に米ダウの日足チャートを貼っておきます。

※チャートをクリックすると別ウィンドウに拡大表示されます。

米ダウ現物 日足

日足ベースで上昇サイクルに転換しています!
さらに200DMAテスト。いったんは足踏みして、しばらく揉み合いそうな気がします。

※チャートをクリックすると別ウィンドウに拡大表示されます。

日経平均先物 4時間足

2019.1.28(月)

もうひとつの可能性を書き忘れました。ブログ主の嫌いなレンジ相場です。しかも手の込んだやつでして、階段状にちょっとずつ高値―安値を切り上げていくパターンです。20300-700のボックスが、200円上がって20500-900に移動したわけですね。

※チャートをクリックすると別ウィンドウに拡大表示されます。

2019.2.1(金)

現状は20400-20850のボックス。もし昨晩が新たなボックスの始まりなら、20600-21050の感じになるでしょうか。ターゲットは日足ベースの下降TLです。

※チャートをクリックすると別ウィンドウに拡大表示されます。

投資の本

1%の人が知っている99%勝てる株が見つかる本 [ 山本 潤 ]

価格:1,620円
(2019/1/28 23:16時点)
感想(0件)

ブログ主とはまったく異なる収益率からの投資アプローチです。面白そうなので読んでみようかと思っています。一部、筆者のwebページから引用します。

個別株ベースでは益利回りが10%を超えるものがゴロゴロしている状況であり、出版のタイミングとしてはよかったのではないかと考えております。2月3月とあまり強い展開にならない場合、初心者の方が、投資を始めるタイミングとしては、なおよいと思います。

 

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学/cis【1000円以上送料無料】

価格:1,620円
(2019/1/28 23:10時点)
感想(2件)

最近読んで面白かった御大cisさんの本です。