[相場診断] ここがメガホン相場の底になるかもしれない

チャート分析, 米株チャート

前回12.08付けの記事にも書きましたが、ブログ主はここからベア相場が始まると思っていません。現在の調整は、長期的かつ一方的な上昇が一段落し、踊り場で揉み合っているだけと見ています。

スポンサーリンク

コメント(2018.12.20)

今日は勝負の日と見て、多めにロングを買い込みました。FOMC、日銀のメジャーイベント通過で材料出尽くしから自律反発入りする可能性が高いからです。

日経平均日足

先日も掲げたメガホン・トッピング・パターンの軌跡予想チャートが大筋合っているとすれば、今日の動きはメガホンの底辺を形成する底値(3月安値のテスト)だったことになります。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

日経平均先物60分足

下落サイクルは3波動で1600円超、113本ほどの調整をこなしました。上昇サイクルに転換するには21125円を明確に超える必要があります。20200の底値からほぼ1000円幅なので、そう簡単には行かないでしょう。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

大相場の踊り場:SPX月足

以前にお見せしたチャートをもう一度掲載します。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。