[仮想通貨] 買い手掛かり見当たらない惨状:仮想通貨の何が問題か?

チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

コメント(2018.11.24)

久しぶりに仮想通貨を扱うが、残念ながら、一年ほど様子を見てきて仮想通貨の将来性に疑問を感じている。以下に示す週足チャートをご覧いただければわかるように、価格は急騰前の去年の水準に戻り、急騰のバブル分を完全に吐き出すかたち。

懸念材料

懸念するポイントは2つ。これらの懸念を払しょくする新展開が見られない限り、再投資する気にならない。

  • ひとつは仮想通貨が貨幣として自立するための前提条件である信用(信頼性)の問題。ドルや円には国家(すなわち国民の経済力や軍事力)というバックアップがあるが、仮想通貨には結局、何も担保となる裏付けがない。ビットコイン内紛でビットコインキャッシュが生まれ、ビットコインキャッシュ内紛でまた分裂。こうした派閥抗争を繰り返している限り、非中央集権・トラストレスという理念は宙に浮いたまま漂うしかない。これでは仮想通貨全体に通貨としての信用は生まれようがないだろう。
  • もうひとつはマイニングコストの損益分岐点の問題。通貨価格の急落により、中国ではすでに廃業に動くマイニング業者も多いと聞く。ビットコインの唯一のインフラともいえる部分だけに、マイニング業者が儲からない時点で、仮想通貨の宴は終わらざるを得ない。

ビットコイン週足

※チャートクリックで別ウィンドウに拡大表示。

リップル週足

※チャートクリックで別ウィンドウに拡大表示。

おまけ:ビットコインキャッシュ(BCHABC)60分足

ビットコインキャッシュ分裂後の、継承銘柄BCHABCの60分足チャート。底固めの動きに見えるが、50HMAが横ばいから上向きになってこない限り買えない形状。様子見妥当。

※チャートクリックで別ウィンドウに拡大表示。