[チャート分析] ドル円、日経先物、米主要指標の現状

チャート分析, 日経・為替チャート, 米株チャート

スポンサーリンク

コメント(2018.11.14夜)

アメリカは売られ強く、テクノロジー以外は60分足ベースの上昇サイクルを維持。すっきり調整した方がいいのだが・・・今晩のアメリカ次第では調整終了の可能性も。

日経先物は下落サイクル入り。米テクノロジーセクターの不調にお付き合いするかたちだが、ドル円の強さが救い。

ドル円と日経平均先物

ドル円 日足

日経との連動は一時的に薄くなっている。株式の調整が続くなか、戻り新高値を記録。114.56を超えれば日足ベースでの調整完了から、さらなる上昇へ。ちなみに約1年前の高値が114.74。114.5-7付近は(たとえ一時的でも)抵抗になる可能性大。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

日経平均 先物

下向き50HMAを下からテストへ。

日経先物60分足

下落サイクル入り。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

米主要指標 先物

いずれも下向き50HMAを下からテストへ。

ナスダック先物60分足

唯一、下落サイクル入り。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

ダウ先物60分足

上昇サイクルはまだ崩れていない。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

S&P500先物60分足

ダウ同様、上昇サイクルはまだ崩れていない。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。