[日米市場・原油・為替] 週末分析

チャート分析, 日経・為替チャート, 米株チャート

スポンサーリンク

コメント(2018.10.13)

金曜夜間の日経先物は本年高安の仲値22235付近まで下落。ダメ押しぽい安値更新から切り返して22500円台後半で終了。底入れの確率が高まった。月曜のアメリカが確認(コンファメーション)の動き(=上昇)になることが条件。

日経平均 先物&現物

日経平均 先物日足

下値支持線を一時割り込むも、下ヒゲで支持線上に復帰(2日連続)。下ブレークの拒否。底入れ濃厚。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

日経平均 現物日足

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

日経平均 現物週足

26WMA上で終了。ここで切り返せば典型的な中期調整。スピード調整なので印象は悪いが、週足ベースの下値支持線すらテストしていない強い相場。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

米主要指標 現物日足&週足

総合指標は似た動きなので代表としてS&P500を取り上げる。

S&P500日足

前日の200DMA割れから200DMA上へ戻して終了。底入れらしくなってきた。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

S&P500週足

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

半導体指数(SOX)日足

1200前半で3点底形成か?前2回と同様の底入れの動きに見える。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

半導体指数(SOX)週足

ざっくり言って高値圏でのレンジ1200-1400相場。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

銀行株指数(BKX)日足

高値圏での下降チャンネル形成か?

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

銀行株指数(BKX)週足

長期サポートをわずかに割り込み、主要指標のなかで最も弱い動き。サポートを守れるか?

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

原油ETF週足

調整緩やか。景気後退の示唆はない。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

ドル円 日足

50DMAまでの調整。

※チャートをクリックすれば別ウインドウに拡大表示。

当サイトのテクニカル講座