[日米中市場とドル円・ゴールド] 現況の分析

ゴールド投資, チャート分析, 中国株チャート, 日経・為替チャート, 米株チャート

スポンサーリンク

各市場の動向(2018.9.22)

日本市場

先週書いたように「今週の動向は中長期的にも重要」だった。「22900水準をサポートにできるか否か」については、テストする気配すら見せない強さだった。

むしろ、テクニカル講座アネックスでも触れたように、ブレークアウェイ・ギャップからランナウェイ・ギャップへ繋がろうかという流れになっている。もし実現すればの話だが、年初の戻り高値24130を軽く超える大相場に展開していく可能性が高い。そうならなくても、22900レベルを維持している限り、先行きは明るい。

※上のチャートをクリックすれば拡大表示

アメリカ市場

  • ダウが出遅れを解消し、史上最高値を更新。他の指標も史上最高値を更新。昨晩金曜は後半ずっと下げたが、どの指標も上昇サイクルにある。
  • 半導体指数は長期の分水嶺1390レベルのテスト中。しばらく揉み合いになるかもしれない。
  • 弱かった金融セクターも200DMAを回復し、復調気配だ。

上海市場

主な下降TLをブレークし底入れ濃厚の動き。仮想通貨を含め、秋に入って資金の流入が活発になっている。(チャートは4時間足)

ドル円とゴールド

  • ドル円は日足ベースで上昇サイクルに転換。直近高値113.16トライへ。
  • ゴールドは50DMAが壁になって低位で値固め中。こいつが上昇し始めたら、株式は調整入りするような気がする。

 

当サイトのテクニカル講座