[日中米・為替市場] 現状の週足チャート分析

チャート分析, 中国株チャート, 日経・為替チャート, 米株チャート

スポンサーリンク

コメント(2018.7.14)

トレードウォーがもしあるとしても、勝敗はチャートから明らか。アメリカは気にする風もない。

上海は現在、2016年冬につけたベアマーケット最安値(最高値の約50%安)を辛うじて守り切り、反発を開始したところ。北京はポーズはともかく水面下で妥協しないと、底なしのベアマーケットに落とされること必定。そこまでバカでないと思いたい。

日経は22740を明確に超えれば23000チャレンジに行ける気がする。

ドル円&ドルインデックス週足

7月11日の晩に下降TLを一気にブレークした。アベノミクス最高値125.86→2016年安値99.12の半値水準112.5を達成。

※チャートをクリックすれば拡大表示

ドル円の現在値付近が上昇の限界なのか、それとも続伸するのかはドルインデックスが長期抵抗の95ポイントをブレークできるかどうかにかかっている。まさに胸突き八丁。

※チャートをクリックすれば拡大表示

日経平均週足

トレードウォー関連の調整は50WMAで終了。先週は26WMAを回復して引ける。目標は鬼門となっている22740と、そのすぐ上にある下降TLのブレーク。

※チャートをクリックすれば拡大表示

S&P500週足

日経に比べて調整は浅く、26WMAを一時的に割るも即回復。
金曜日に一時3月の戻り高値を超え、ターゲットは2873の史上最高値。

※チャートをクリックすれば拡大表示

上海総合指数 週足

現在の状況は「陰の極」であるかもしれない。2015年6月の5423ポイントからの長期ベアマーケットはすでに3年が経過。直近の安値はベアマーケットの最安値2761を辛うじて割らずに反転。

スポンサーリンク

この反発が中期の上昇につながり、フォーリングウェッジをブレークできれば、ベアマーケットを脱する可能性も。

※チャートをクリックすれば拡大表示

当サイトのテクニカル講座

コツコツ投資:ポイント貯めて少額投資を始めよう!

手順1. Gendama会員になってポイントを貯める。ネット通販使っているなら、Gendamaを通すだけでポイントが貯まる。

手順2. 貯めたポイントをポイント交換サイトPointExchangeに移管する。

手順3. ポイント交換サイトPointExchangeのポイントで「トラノコ」に投資する。

あとは努力あるのみ!詳しいことはこちらのページ おつり・ポイントで少額投資「トラノコ」 へ。

スポンサーリンク