[仮想通貨 BTC ETH BCH EOS] 日足解析:ドカ買いから様相一変、猫は死んだふりだったのか?

チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

コメント(2018.7.3午前)

デッドキャット・バウンスかと思われたが、昨晩のドカ買いで様相に変化。すでに日足ベースのBB仲値(20DMA)を超えてきた。

BTC以外は今年の最安値を下回らずに反発開始。ベア相場を脱する可能性が出てきた(そもそもEOSは200DMA上向きのままでベア相場とは言い切れないが・・・)。

ビットコイン(BTC)日足

昨晩アメリカ開始直後にドカ買いが入り上昇モードへ。2月安値を更新しており、今回が底値かどうかはまだわからないが、とりあえず中期の目安50DMA突破が目標。中長期では、比較銘柄中もっとも弱い動き。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

イーサリアム(ETH )日足

4月の最安値を下回ることなく反発。ベア相場終了の可能性も。現状はBB仲値まで戻している。中期の目安50DMA@557ドル付近突破と下降TLブレークが目標。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

ビットコインキャッシュ(BCH)日足

本銘柄は2月安値を更新しておらず、すでにベア相場を脱した可能性を示す。現状の戻りはBB仲値まで。中期の目安50DMA@557ドル付近突破と下降TLブレークが目標。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

イオス(EOS)日足

BB仲値まで戻す。長期の目安200DMA@10.2ドル付近突破と下降TLブレークが目標。200DMAはまだ上向き。この銘柄は唯一ベア相場とは断定できない状態にある。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

 

当サイトのテクニカル講座