[仮想通貨] 週足分析:先が見えない

チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント(2018.6.23)

ふたたび下落波動に入ってしまった。底値は見えない。買い手不足深刻。

仮想通貨全体が、金融市場全体の中で仕手株の扱いになっている。おそらく最大の原因は主軸BTC陣営の迷走ぶり。BCHとの派閥抗争は山○組の分裂騒ぎに近い。

アクセスも急に落ち、当方のモーティベーションも萎えてきた。勝手ではあるが、毎日のチャート分析はやめ、節目節目の不定期更新に切り替えたい。対象銘柄も、リップルとライトコインは落とし、BTC、ETH、BCH、EOSの4つに絞る。

ちなみに、EOSの持ち分は10.1ドルの段階で撤退。しばらく仮想通貨に触ることはないと思う。

ビットコイン(BTC)週足

5929まで下落。2月安値6000を更新。ベア相場継続が確認された。今後の展望については、

  1. 下のようなフォーリングウェッジ形成か、
  2. 底値圏でレンジ形成(ヨコヨコ)か

の可能性が高いと思う。いずれにしても買い時は相当先か?

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

イーサリアム(ETH )週足

BTCより強いが、中長期的にはベア相場継続。詳細についてはチャート内を確認してほしい。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

リップル(XRP)週足

最安値45.4セントが視野に。表現は悪いが、バブルが弾けた後の仕手株のチャートみたいに見える。正直、底が見えない。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

ビットコインキャッシュ(BCH)週足

下値支持線トライ。ここが崩れると先が見えない。
正直、昨年上場直後の850-950のゾーンは維持してほしかった。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

イオス(EOS)週足

ずっと維持していた日足200DMAが決壊、週足の下値支持線も割り込んできた。最安値までは余裕があり、解析対象の中では
強い動きを継続しているが、どこまで調整するのか先が見えない。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

当サイトのテクニカル講座

  • NEW! 相場で気づいたこと、テクニカルの急所など、随時更新しています。
  • 本サイトやツイートで使用する略語と、テクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
スポンサーリンク