[仮想通貨トップ6] 4時間足分析、再下落もここをWボトムにできるかの正念場

チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

コメント(2018.5.23午前)

弱い展開。全銘柄でここから反発して直近安値をWボトムにできるかどうかの展開。これ以上下落すると、今回の上昇がベア相場の戻りに過ぎなかった公算が高まるので、大事な場面。

BTC 4時間足

昨日:弱い反発が終わり、ふたたび日足ベースの50DMAを少し下回ってきた。結局、50DMA上で膠着するかたち。

本日:痛い下落。Wボトムにできるか?もし7927ドル以下をつければ安値更新で今回の上昇が単なる戻りだったことが確定する感じ。そうなると4月安値の6432を意識せざるをえない展開に。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

ETH 4時間足

昨日:現状、日足ベースの200DMAと200本線がほぼ同じ価格。小反発後、再びその水準へ。何とかここを持ちこたえたい。

本日:わずかながら安値更新せず。Wボトムにできるか?日足ベースの50DMAは618ドル付近。ここが最後の砦。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

XRP 4時間足

昨日:反発は日足ベースの50DMAで跳ね返され、50本線を下回る心配な動き。前回底入れ時もそうだったが、この銘柄は相当な弱さを見せてからいきなり反転するクセがあるので、一概に弱いともいえないが・・・

本日:こちらはすでに主要なMAをすべて下回っている。ここがWボトムになるかどうか。前回安値63セントを割ると形勢は一気に悪化。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

BCH 4時間足

昨日:50本線で頭がつかえて反落、まだ日足ベースの50DMAより上に位置するが、けっして強い動きとはいえない。

本日:わずかながら安値更新。日足ベースの100DMAをテスト中。すぐ上には50DMA。なんとも微妙な情勢。RSIはPosDiv形成?

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

EOS 4時間足

昨日:反落するも日足ベースの50DMAより上で推移。このまま50本線を大きく下回らず持ちこたえられるか?

本日:日足ベースの50DMAを割り込む。11.9付近をサポートにできるかどうか。下には100DMA、200DMAがあり、他銘柄より動きは強い。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

LTC 4時間足

昨日:日足ベースの50DMAを下回ってきた。50本線も下向きで形勢はよくない。XRPと並んで弱い動き。

本日:安値更新で日足ベース50DMAを割り込み、主要MAすべての下へ。情勢はよくない。RSIはPosDiv形成にも見えるが・・・

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

※本サイトやツイートで使用する略語と、テクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.4.24 知らず知らず使っているジャーゴンの意味と略語の一覧をページ冒頭に追加しました)