[仮想通貨トップ6] 4時間足分析、少し反転の芽が出始めた

チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

コメント(2018.5.19午前)

BTC最弱、ETH最強の布陣は変わらないが、他の銘柄にはPosDiv検出で少し反転の芽が出てきたように見える。50本線突破があれば、よりトレンド転換の確率は高まる。

BTC 4時間足

価格は3本のMAすべてを下回り、もうすぐ100本線が200本線をデッドクロスする。そうなれば完全な下降トレンド。一応、価格とRSIにPosDivが出ているが・・・

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

ETH 4時間足

200本線がサポート。安値も更新しておらず、BTCに比べると強い。700ドルレベルにある50本線を超えたい。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

XRP 4時間足

価格は3本のMAすべてを下回り、200→100→50本線の順に下降トレンド。安値更新を避け、50本線を超えたい。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

BCH 4時間足

わずかながらRSIと価格の間にPosDiv検出。揉み合いゾーンの1250ドルを回復したい。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

EOS 4時間足

わずかながらRSIと価格にPosDiv検出。11.9ドル付近がサポートになっている。何とか500本線を捉えたい。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

LTC 4時間足

RSIと価格にPosDiv検出。50本線突破が当面の目標。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

※本サイトやツイートで使用する略語と、テクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.4.24 知らず知らず使っているジャーゴンの意味と略語の一覧をページ冒頭に追加しました)