[仮想通貨トップ6] 3銘柄が50DMAを割り込み、正念場続く

チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

コメント(2018.5.18午前)

50DMAを基準に銘柄の位置関係を整理すると・・・

  • 50DMAを割ってしまった銘柄: BTC、XRP、LTC
  • 50DMA上で粘っている銘柄: EOS、BCH
  • 50DMAより上にあり200DMA上で粘っている銘柄: ETH

となり、ETHの強さが際立っている。全体では正念場が続く。

BTC日足

昨日:50DMAテスト。ここを守れないと深刻。

本日:50DMAを割り安値更新。戻り一杯で、4月1日安値再テストも視野入りか?

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

ETH日足

昨日:引き続き200DMA(≒100DMA)近辺、700ドル水準でヨコヨコ。粘り強い。

本日:BTCより強く200DMA上で粘っている。ここが割れても50DMAまでは余裕がある。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

XRP日足

昨日:50DMA上で粘っている。何とか再浮上したいところ。

本日:BTC同様50DMAを割り込む。反発の気配が感じられない。4月1日安値再トライも視野に。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

BCH日足

昨日:200DMAを割り込むも、CMFは0をキープ。サポートは100DMA(≒50DMA)。

本日:上昇が多かった分、サポートの100DMA(≒50DMA)は守っているが、予断は許さない。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

EOS日足

昨日:50DDMAテストから反発も、勢いがいまいち。

本日:50DDMA再テスト。情勢は微妙。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

LTC日足

昨日:50DMA上でヨコヨコへ。何とか再浮上したいところ。

本日:BTC同様50DMAを割り込む。4月1日安値再トライも視野に。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

※本サイトやツイートで使用する略語と、テクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.4.24 知らず知らず使っているジャーゴンの意味と略語の一覧をページ冒頭に追加しました)