[日米市場・ドル円] 米テク半導体セクターが重し

チャート分析, 日経・為替チャート, 米株チャート

スポンサーリンク

コメント(2018.4.25)

ドル円の中期趨勢から見て日経の基調は上。上昇が安定したトレンドにならない原因は米テクノロジー・半導体セクターの不調。イールドカーブのフラット化はまだ心配いらない。

日経先物日足

ブレークした逆三尊ネックラインが21960付近。この水準がサポートとして機能しつつも、フィボ半値水準で揉み合いに。上昇過程の地固めに見えるが・・・

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

ドル円日足

117.7→99.08の中期下落幅のフィボナッチ半値戻しは108.4。逆三尊ネックラインをブレークし、この水準を一気に回復。現在の戻しが最低数か月は続く中期的な上昇であることを物語る。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

S&P日足

50DMAと120DMAに挟まれ、アセンディングトライアングル形成中のようにも見える。情勢は微妙。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

米半導体指数日足

200DMAテスト、正念場。これより調整深まると三尊形成で下落トレンド入りの公算高まる。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

米銀行株指数日足

50DMAで跳ね返される。ただテクノロジー系とは違うリズムで動いており、弱くはない。

※上のボックスをクリックすれば、拡大チャート表示

※本サイトやツイートで使用する略語と、テクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.4.24 知らず知らず使っているジャーゴンの意味と略語の一覧をページ冒頭に追加しました)