[仮想通貨トップ5] ヤル気なさ満載

チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

コメント(2018.3.29午前)

凪が続いてコメントのしようもない。仕方ないので、猫組長の記事の一部を引用させてもらおう。

現在の世界のでこの「暴力」と「貨幣」の関係をもっとも知悉している統治者こそ、ブロックチェーン技術大国ロシアのプーチン大統領に他ならないと私は考えている。プーチン大統領率いるロシアは、ブロックチェーン技術の開発に力を注ぐと同時に、その「裏付け」となる軍事力を過去にないレベルで強化しようとしている。(中略)

なかでも「超音速高速ミサイル」は現在アメリカの軍事的優位性をもたらしているミサイル防衛システムを、事実上無化する兵器だと言われている。世界中探しても「暴力」を「公約」に掲げるのはプーチン大統領ただ独りだ。

これを単にアメリカへの軍事力での挑戦、と捉えるのは浅薄で、ロシアの真の狙いは、軍事力の強化とブロックチェーン技術の深化による「ドル体制」への挑戦にあると私はみている。

ユーラシアの露中がアメリカの覇権に挑戦中なのはわかる。でもよりによってブロックチェーン?申しわけないが、もしロシアがブロックチェーンを仕切るようになれば、仮想通貨の未来に暗雲が立ち込める。仮想通貨の理念とは真っ向対立する国柄だからだ。

最近の低迷はもしかして、もしかするところの、ロシアファクターなのか?

BTC 4時間足

ヨコヨコ推移。いつまで続くこの凪状態。

※チャートクリックで拡大表示

ETH 4時間足

200DMAより下で推移して長く、緩慢なベア相場続く。しかしCMFは引き続き0を超えており、資金流入傾向を示す。それでも価格が下落するのはダイバージェンス。どこかで大きく反発するはず。下降チャンネル仲値がサポート。

※チャートクリックで拡大表示

XRP 4時間足

恐怖のヨコヨコ攻撃。手の出しようがない。

※チャートクリックで拡大表示

BCH 4時間足

50本線再度下向き。三点底になるかどうか微妙。

※チャートクリックで拡大表示

LTC 4時間足

日足の200DMAを割り込んでから、ダダ下げ続く。

※チャートクリックで拡大表示

※略語と簡単なテクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.2.9「マクラレン・オシレーター」を追加しました)
テクニカル講座02(2018.2.1加筆しました)