[日経平均] 長期見解は不変もトレードはこまめに取る

チャート分析, 日経・為替チャート

スポンサーリンク

コメント(2018.2.20午前)

戻りは22100円台で頭打ち。フィボナッチ1/3戻しのテストにも、戻り高値の22300円台にも届かず。展開としては弱いように見える。

しかし市場はまだ疑心暗鬼の状況。ドル円の急落、アメリカの戻りが5連騰で小休止のタイミングに入ったことを考え併せると致し方ないところ。むしろ見るべきは日経の円高耐性。黒田続投でインフレと内需拡大織り込みなら、円高に一喜一憂しない動きになっていくはず。

日経CFD 4時間足

21000で仕込んだロングは昨晩22000円台で半分を利確。残りは万一に備え20550円にストップ指値。逆に調整浅く再上昇するようなら、ロング追加。

※チャートクリックで拡大表示

※略語と簡単なテクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.2.9「マクラレン・オシレーター」を追加しました)
テクニカル講座02(2018.2.1加筆しました)