[ドル円と日経] ドル売りで日経安値更新、しばらく静観

2018年2月13日チャート分析, 日経・為替チャート

スポンサーリンク

コメント

昨晩のアメリカ市場はそれなりに買われたまでは見立て通りも、日経は拍子抜けするほど買い気なし。さらにこのタイミングでドル円108円割れは痛い。トランプ相場全体のフィボナッチ半値となる20500水準を意識せざるをえない。

ドル円日足(2018.2.13夕刻)

午後から売り仕掛けで108円を割り込む。107.33を明確に割り込むと中期的に円高加速か?そうなると日経にも強気になれない。

※チャートクリックで拡大表示

日経平均CFD日足(2018.2.13夕刻)

戻り弱く、ドル売り仕掛けに連動して安値更新。雲行きが怪しい。しばらく静観。

訂正:ちょっと早とちり。チャート内のコメントを含め、「安値更新」はうそ。2.10深夜に「幻になるかもしれない20553」をつけていた。

いずれにしても、20500はトランプ相場全体の半値水準で死守すべきポイント。

※チャートクリックで拡大表示

※略語と簡単なテクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.1.28加筆しました)
テクニカル講座02(2018.2.1加筆しました)