[仮想通貨四天王] 戻りからヨコヨコへ。次の動きが大事、諦め売りに押された急落は避けたい

チャート分析, 仮想通貨チャート

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

底入れ後の反発は一段落。BBの基準線(ミッドBB)を基準に見ると、BTCとETHはクリア、XRPとBCHはちょうど線上。週末はほぼ横ばいの動きで、これ以上上値を追うには何かきっかけが必要か。ヨコヨコもいいが、あまり長いと反落から諦め売りが出やすく、注意が必要。

BTC 4時間足(2018.2.13午前)

ひとつ目の下降TLをブレークし、日足のミッドBBもクリア。その後はヨコヨコ調整。戻り高値9074と9090付近の100本線がレジスタンス。

※チャートクリックで拡大表示

XRP 4時間足(2018.2.13午前)

日足ではちょうどミッドBB上で停滞。1.1~1.2の価格帯が重い。

※チャートクリックで拡大表示

ETH 4時間足(2018.2.13午前)

日足のミッドBBはクリアしたが、揉み合いゾーンの950に届かずヨコヨコ推移。はっきりしない。

※チャートクリックで拡大表示

BCH 4時間足(2018.2.13午前)

1200ドルはキープしているものの、日足ではちょうどミッドBB上で停滞。まだ下降TLをクリアできていない。ここには100本線も重なり、難航。

※チャートクリックで拡大表示

※略語と簡単なテクニカルインジケータの見方については以下のページで解説しています。
略語と簡単なテクニカル講座(2018.2.9「マクラレン・オシレーター」を追加しました)
テクニカル講座02(2018.2.1加筆しました)

スポンサーリンク